えんじょいマタニティー。全国プレママ共有サイト

妊娠中に起きるカラダの変化/下痢

今回のテーマは妊娠中に起きるカラダの変化の中で下痢にフォーカスします。少し前、“腸は第二の心臓と呼ばれていて、下痢をしているという事は、体調が悪化しているという事なのです!!(`´)v”とか、“たかが下痢と侮ってはいけない!!”とか、ホームドクターの先生に聞いた事があるのです。

 

しかし、これは妊娠していない時に聞いたコトバ。妊娠中となると余計に注意しなければいけないですよね。妊娠中の下痢は案外怖いと聞いたことがありますし。

 

という事で、妊娠中の下痢についてレポートします。

 

妊娠中のカラダの変化/下痢

普段からお腹が弱くてしょっちゅう下痢している、あるいはお腹は丈夫で下痢なんてしない、いろいろなタイプの方がいると思います。

 

しかし、妊娠した途端にその事情に変化があったという場合も。妊娠と下痢にはどんな関係があるのでしょうか?

 

妊娠中のカラダの変化/妊娠中の下痢の原因

妊娠中のプレママのカラダは、下痢や便秘などの排便障害が起こりやすい状態なのです。これにはいくつかの原因があります。

 

プロゲステロンが原因の下痢

妊娠中の下痢の原因の一つに、プロゲステロンという黄体ホルモンが関係しています。

 

妊娠すると、このプロゲステロンが分泌されます。このプロゲステロンには、乳腺の発達を促がす・子宮収縮が抑制され、流産などの危険を回避するといった、妊娠を安全に維持するための大切な働きを担っています。

 

しかし、その働きによって腸の働きまでもが抑制され、腸内の水分のバランスが不安定になるのです。腸内の水分が多すぎれば下痢に、少なすぎれば便秘になってしまうのです。

 

自律神経の乱れ

また、体内では、この他にもさまざまなホルモンが活性化を始めるため、体全体のホルモンバランスが乱れ始める事があります。

 

こうして乱れてしまったホルモンバランスは、自律神経にまで影響を及ぼします。胃腸は自律神経によってコントロールされていますので、自律神経の乱れが下痢や便秘を引き起こすという訳なのです。

 

食中毒

妊娠中のカラダは、普段に比べて抵抗力が落ちています。そのため、食中毒などにかかりやすいのです。食べ物・調理方法・衛生状態には充分注意しましょう。

 

子宮の成長

これ以外に、子宮の成長が考えられます。これは、子宮が成長する事によって、腸が圧迫され、胃腸の働きが阻害されます。この時に胃液が分泌しにくくなり、消化不良を引き起こします。こうなると、食べたものを何としても消化しようと胃腸が異常な働きをはじめます。これが下痢に?がっているという訳なのです。

 

妊娠中のカラダの変化/下痢の危険性

妊娠中の体内のバランスは普段とは全く違う状態です。下痢をおこさないように、食べ物や飲み物にも注意を払いましょう。

 

例えば、消化がよくて温かいもの。これを選ぶと良いですね。加えて、食べる量や回数での工夫も行いましょう。

 

妊娠中のカラダの変化/下痢の危険性

妊娠中の下痢は危険と聞いた事があるのですが、これは本当なのでしょうか?

 

あながちウソではなく、流産や早産の原因となる場合があるのです。得に妊娠初期の下痢には注意が必要です。

 

ではなぜ下痢が流産や早産の原因となるのでしょうか?これは、激しい下痢をおこしてしまった場合に、子宮の収縮を招く場合があるからなのです。軽い下痢ならそこまで心配する事はないのですが、下痢が続く・痛みが強いなどの場合には、早めの受診をお勧めします。

 

妊娠中の下痢/プレママ達の体験談と対処方法

下痢と便秘の繰り返し

便秘が来たかと思うと下痢になる。この繰り返しでした。妊娠中には起こるとは聞いていたのですが、これ程辛いとは、、、

 

下痢が原因で、、、

下痢がひどくてついにお尻の病気にまでなってしまいました。妊娠中には珍しくないいと聞きますが、やはり悲しいです。

 

耐えれないほどの下痢の痛み

下痢の状態が長く続き、痛みも強かったので、どこの痛みか分からなくなり、病院に行き赤ちゃんの無事を確認しました。何事もなく安心しましたが、本当に痛かったです。

 

初期と後期では痛みが違ってました

妊娠初期から後期にかけて下痢だったのですが、痛みの種類は徐々に変わった気がします。

 

鉄分補給で下痢になりました

鉄分補給の薬が原因で便秘になる事があると聞いていたのですが、私の場合は下痢になりました。

 

まとめ

妊娠中の下痢にもホルモンバランスが影響していました。妊娠中にしか分泌されないホルモンの存在が影響しているのでしたら、何らかの変化があるのも当然。しかし、それが原因で思わぬ問題に発展しかねないのですね。とても怖い事だと思いました。

 

妊娠中の下痢には流産や早産のリスクがある、特に妊娠初期の下痢には充分注意をはらいましょう。

 

そして、しっかりと自身のカラダの状態を見極めて、変だなと思ったなら、すぐに医師に相談しましょう。

妊娠が判明し、つわりに苦しんでいる時に、妊娠安定期に入ったらあれしよう、これもしてみたい!!そんな風に考えているママ達少なくないですよね。

 

そう、無事安定期に入ったならば生活を楽しみたいのは普通の事なのです。その中でも、旅行に行っていいのか悪いのか?そんな疑問をお持ちのママ達に向けて、“妊娠中の旅行は安定期に入ってからがベストな理由”とテーマにご紹介したいと思います。

 

妊娠中の旅行について

母子ともに健康であれば、妊娠中であっても旅行に行くには問題ないのです。実際、妊娠に気づかずに旅行に行ってきた!!なんて話も少なくありません。

 

しかし、あくまでこれは妊娠を知らなかった=少なくともママの体調は安定していたという事なのです。

 

では、妊娠が判明した後の旅行なら、どのタイミングを選べばいいのでしょうか?

 

妊娠中の旅行のベストタイミング

“出産したら暫く旅行にはいけないから、安定期に行っておきたい。”そんな風に考えるママ達もいますよね。でも、気になるのが“いつが安全なのか?”これにつきます。

 

では、妊娠中に旅行に行く場合、どのタイミングがベストなのでしょうか?

 

やはり安定期に入ってからがベスト。つわりなどで苦しい状態の時には長い距離の移動は辛く、旅行自体を楽しむ事は出来ないでしょう。

 

妊娠中の旅行/飛行機に乗っても大丈夫?

飛行機に乗る場合でも、一般的には安定期に入っていたら問題ないと考えられています。

 

しかし、飛行機の気圧の変化がどんなふうにカラダに影響を与えるのかは未知数です。

 

例えば、これ。超健康体の友人と共にLAに行った時の事。フライトが始まり、暫くすると急激な耳の痛みを訴える友人。あまりの痛みに自然と目には涙が。仕方がないので、手持ちの鎮痛剤を服用して到着まで寝続けてやり過ごしていました。

 

現地に到着すると、嘘みたいに痛みが治まっていたので一安心。約10日間を楽しく過ごしました。そして帰りのフライトでまた同じ痛みが。この時にも結局鎮痛剤で事なきを得ました。

 

友人は帰国後に耳鼻科へ直行し、事情を説明したところ、“生まれ持って内耳の一部が弱く、気圧に反応したのだろう”と聞かされたのだそうです。

 

飛行機に乗ってみて始めて分かった事が、自分の内耳の弱さ。健康だと思っていた自分の弱点をフライトによって知ったのです。

 

つまり、何があるのかは行動してみて初めてわかる場合があるという事。妊娠中の旅行にも同様のリスクはあるのです。フライトでの気圧の変化や腹部の圧迫による体調不良や出血を引き起こす可能性も否定できません。極論すれば、妊娠中のフライトは避けるものなら避ける方が賢明なのかもしれません。

 

しかし、仕事や帰省など、必要に迫られる旅行や移動もあります。その場合には、医師の許可を得てからにしましょう。そして、絶対に無理は禁物です。

 

妊娠中の旅行についてのママ達の質問

(長時間フライトは大丈夫?)
旅行に申し込んで支払も済ませた後で妊娠が判明。未だ妊娠初期なのですが、長時間フライトは危険ですか?
→基本、母子に健康なら大丈夫なのですが、妊娠中の長時間フライトは体に負担が大きくなりますので、今回は避けた方が賢明かと思います。

 

(温泉に入ってもいいの?)
会社の慰安旅行で温泉に行くことになりました。温泉に入る事は避けた方がいいのでしょうか?
→温泉によって、妊婦さんの入浴は避けてくださいとありますが、これは、入浴自体が問題なのではなく、温泉の温度が高いとか、衛生問題、あるいは転倒などの事故といった、問題が発生するリスクが高いという事を指しているからなのだと推察できます。

 

(持って行くべきものは?)
妊娠安定期に入りました。出産前に旅行に行こうと思っています。行先は国内ですが、移動は飛行機です。どんなことに注意すべきでしょうか?
→まずは医師に相談する事が賢明です。併せて、航空会社によっては、妊娠中のフライトには特別な書類が必要な場合がありますので、搭乗予定の航空会社に相談する事をオススメします。母子手帳・健康保険証を携帯する事をお忘れなく。

 

(その他注意すべき点)
旅行は楽しくもあり、疲れる事でもあります。特に妊娠中は抵抗力が弱っている状態です。ストレスや疲れなどで体調を壊しやすいのが妊娠中の体なのです。

 

体を冷やさない・安全に移動する・荷物は持たない・スケジュールはゆったりとなど工夫をして旅行を楽しんでください。

 

まとめ

これから始まる出産と、その後の育児を考えると、今の内にできる事はしておこう。旅行も楽しんでおきたい!!

 

辛かったつわりを乗り切った安定期だからこそ、そんな気持ちにもなりますよね。確かに、出産後暫くの間は旅行もお預けになるかもしれません。旅行の計画を立てるならば、安定期の間に、無理のないスケジュールで楽しめるようにしてみてください。そして、かかりつけの医師に相談してからにしましょうね。
>>妊婦の食べ物について

続きを読む≫ 2016/12/29 17:36:29 ニュース

今回のテーマは妊娠中に起きる貧血。貧血は、プレママの4人に対して一人の割合で起こる症状。ママと赤ちゃんの二人分食べないといけないのに、つわりで食べれない!!これが原因で貧血になるのでしょうか?あるいは別の問題?

 

そこで今回は、妊娠するとどうして貧血になるのか?貧血が引き起こす問題と、対策についてご紹介したいと思います。

 

妊娠中のカラダの変化/貧血

妊娠中にはどうして貧血になるのでしょうか?それは、妊娠に対処しようと、カラダが変化をする事に関係しています。

 

妊娠すると、ママのカラダはどうしても体重が増加します。そして、赤ちゃんもどんどん成長します。これらのために必要量な血液の量を確保しようと、血液成分は増加を始めます。

 

この血液、大きく分けて液体成分と赤血球の成分に分けられるのですが、このタイミングで増加するのは、血液の液体部分のみ。赤血球は増加しないため、血液の濃度が下がり、結果として貧血の状態となってしまうのです。これは特別に変わった事ではなく、妊娠中には自然と起こる事なのです。

 

特に、もともと貧血気味の状態にある人は、妊娠初期からこの貧血状態に陥る場合が多いのです。

 

妊娠中のカラダの変化/貧血の特徴

貧血の特徴的な症状には、立ちくらみ・頭痛・動悸・息切れ・めまい・全身の疲労感などがあります。この症状を発症した場合、処方された鉄剤で鉄分を補うのが一般的。これでほとんどの場合、貧血が解消します。

 

妊娠中のカラダの変化/鉄剤服用の注意点

紅茶などは、鉄分の吸収を阻害するタンニンを含んでいますので、妊娠中に貧血状態にある人は紅茶を控えるのが賢明ですね。

 

妊娠中のカラダの変化/貧血が赤ちゃんに与える影響

妊娠中の貧血は、お腹の赤ちゃんにも影響を与えます。

 

ママが貧血を起こした場合、赤ちゃんに充分な酸素が送れない、あるいは、赤ちゃんの成長にも影響を与え、知能・身体の発達不全などの原因になり得るのです。

 

妊娠中のカラダの変化/貧血を防ぐには

積極的に摂取すべき食品

では、どうやって貧血を防ぐのでしょうか?

 

妊娠中は、通常の何倍もの鉄分を補給する必要があります。先ずは普段の食事から積極的に鉄分を補給しましょう。特に妊娠初期にくらべ、妊娠後期にはより多くの鉄分が必要とされます。

 

鉄分は、牛や鳥のレバー・赤みの豚肉や牛肉・カツオ・貝類などの動物性の食品から多く摂取できるのです。あるいは、ほうれん草・小松菜・青のり・ひじきなどにも鉄分は含まれています。しかし、動物性に比べると植物性の鉄分は吸収率では劣りますので、極力動物性の食品からの摂取に努めましょう。

 

また、鉄分の吸収を助けるビタミンCを含む野菜・フルーツを同時に摂取する事をオススメします。

 

避けるべき食品

逆に、鉄分の摂取を妨げるタンニンを含む食品の摂取は控えましょう。紅茶・濃いめに入れたお茶などがそれに該当します。

 

また、カラダに良いとされている玄米ですが、貧血には逆効果なのです。妊娠中に貧血の症状があるならば、主食を見直してみましょう。

 

薬の服用

こうやって努力してみても、改善されない頑固な貧血の場合、遠慮せず医師に相談します。鉄剤や漢方などの処方薬の服用で改善する事もあるのです。

 

妊娠中の貧血/プレママ達の体験談と対処方法

サプリメントで対処

妊娠中、とにかくつわりがひどくて、貧血の症状に悩まされました。私の場合、貧血だけではなく、全体的な栄養不足を感じていたので、葉酸・マルチビタミン・カルシウムなど栄養成分を全般的にサプリメントに頼っていました。

 

周囲の支えあってこそ

妊娠と同時に元々の貧血が悪化。ふらふらしてどうにもならなかったのですが、夫や家族・友人の支えで何とか乗り切りました。心の支えは大切ですね。

 

鉄剤はNGでした

貧血改善のため、病院で鉄剤を処方されましたが、どうも私のカラダにはあわなかったらしく、これを飲むと嘔吐していました。仕方がないので、食べ物から鉄分の摂取が出来るようなメニューと料理作りを頑張りました。

 

鉄剤だけでは、、、

貧血がひどく、生活に影響がでていたので鉄剤を処方してもらいました。でも、鉄剤だけでは改善されず、同時に食事から鉄分の摂取が出来るように、口に入れる物は鉄分を含むものと言うくらいに注意しました。

 

鉄剤で便秘に?

鉄剤を処方され、貧血は改善しましたが、同時にひどい便秘に。水分を取って対処しました。それまで便秘になった事がなかったので、便秘の辛さが身にしみました。

 

まとめ

妊娠中の貧血、みなさん色々工夫して対処しているのですね。普段の生活の貧血とは違い、その程度によっては赤ちゃんの成長にすら影響があるのだと知ると、ちょっと怖く感じますよね。つわりで食事がとれない場合の鉄剤は、改善するという意見と、そのために別の問題が起きるといった意見が多くてこれには驚きました。

 

しかし、貧血を放置したまま妊娠生活を続けるわけにはいきませんので、食事・飲み物などで工夫して、それでもダメなら鉄剤、なのでしょうか。赤ちゃんの健やかな成長のために、プレママの皆様、頑張ってください。応援しています。

続きを読む≫ 2016/12/23 23:59:23 ニュース